永松昌泰の存在のゼロポイント

私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記

ホメオパシーの聖典 オルガノン第九章

こんにちは。 永松昌泰です。

 

ホメオパシー聖典オルガノン第九章の文章で、最も重要な「言葉」は何か? ですね。

もっと端的に言うと、最も重要な「単語」です。

 

********************

 

健康な状態にある人間においては、

物質的身体に生命の息吹を吹き込み、

ダイナミックに作用する精神のような生命エネルギー(完全調和の統治者)が、

身体のあらゆる部分を限りなく自在に支配し、

感覚と機能の両方において、

みごとに調和的な生命活動が営まれるように維持している。

 

それゆえ、私たちの内に宿る理性的な精神は、

生命をもつ健康なこの道具を、

私たちの人生における、より高邁な目的のために自由に使うことができるのである。

 

********************

 

どの言葉も非常に意味深長な単語ばかりです。

本当に・・・

 

「健康」、「ダイナミック」、「自在」、「調和」、「理性的精神」、「高邁な目的」・・・

どれも極めて重要です!

 

しかし、この中で私が最も重要だとする単語は、

とっても意外な単語だと思います。

 

それは・・・・・・・・

 

「私たち」という単語です。

 

えっ! なんで! 単なる代名詞の何が重要なの?!

 

と思われると思います。

 

 

しかし、もし、

「私たち」ではなく、「私」だったらいかがでしょうか?

 

********************

 

それゆえ、私の内に宿る理性的な精神は、

生命をもつ健康なこの道具を、

私の人生における、より高邁な目的のために自由に使うことができるのである。

 

********************

 

いかがでしょうか?

感動しますか?

 

ここが「私」ではなく「私たち」である意味は、

この世界で、幸せでない人が一人でもいたら、私は幸せにはなれない。

この世界で、幸せでない動物が一匹でもいたら、私は幸せにはなれない。

この世界で、幸せでない植物が一本でもいたら、私は幸せにはなれない。

この世界で、幸せでない存在が一つでもいたら、私は幸せにはなれない・・・・・・・・

 

ということなのです。

 

f:id:masashinra314:20190828065115j:plain

 

全ては繋がっています。

世界に「単独」で存在しているものなど一つもありません。

だから「私たち」ではないような「私」は存在しません。

 

英国のエリザベス女王は、決して “ I ”(私)という言葉は使わないそうです。

必ず “ we ”(私たち)と言います。

女王にとって、「私」というものはありませんから。

「私」=「私たち」=「全国民」を指すのです。

 

ホメオパシーとは、狭い意味での「私」から次第に脱出し、

全てが一つになる「存在のゼロポイント」を経由して、

やがて 本当の全て、すなわち「私たち」に向かって歩む、遠大な旅でもあるのです。

 

・・・・・・・

 

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

◆永松昌泰◆教養講座のお知らせ◆‪ 8月31日‬開催!

「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」
by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

f:id:masashinra314:20190828065224p:plain

★ピアニスト クリスティアン・アガピエを迎えての実演あり!

対談形式にて、物事の真理、道理について、色々なテーマをもとに解き明かしていく教養講座。魂と知の感動が生きる希望へと変わる瞬間を!!

 

f:id:masashinra314:20190828065246j:plain

クリスティアン・アガピエさん


今回は、ルーマニア人ピアニスト クリスティアン・アガピエをゲストに迎え、彼の音楽作りとそのアプローチなどを演奏をお聴きいただきながらその本質に迫ります!
ピアノを習っている方、音楽指導をしていらっしゃる方にも参考にしていただける内容となっております。

なお、今回は、西新宿にございます「テアトル・ド・マリー」で行います。チラシは通常の会場のみの記載されておりますのでご注意ください。

体感型の今回の教養講座。ぜひご来場ください!
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 ◼︎日時:8月31日(日曜日)14時~18時

 ■会場:西新宿「テアトル・ド・マリー」

 ■受講料:各回¥5000税込み

 ※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com    まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/

本当の健康とはなにか。

こんにちは

永松昌泰です。

 

私は今までたくさんのクライアントのホメオパシーセッションをさせて頂きました。

 

ホメオパシーセッションでは、心身の病気・不調はもちろんですが、ご家族の問題や会社など、その方を取り巻くすべての「環境」のお話を聞いていきます。

 

環境とは何となくその人の周辺のことを意味するだけではありません。

「環境」がその人を作り、その人が自分の「環境」を作っていく。とも言えます。

つまり、「環境」とはその人そのものでもあるのです。

 

ですから、その人を健康に導いていくとは、その人の環境を整えていくことでもあります。

そうやって心身ともに本当の健康になっていくのです。

 

 

f:id:masashinra314:20190826073947j:plain

 

では本当の健康とはどういう状態なのか? 

そして健康とは何のためにあるのか?

 

 

ホメオパシー聖典オルガノン」の第九章にはこうあります。

 

*********************

オルガノン第九章

 

 

健康な状態にある人間においては、

物質的身体に生命の息吹を吹き込み、

ダイナミックに作用する精神のような生命エネルギー(完全調和の統治者)が、

身体のあらゆる部分を限りなく自在に支配し、

感覚と機能の両方において、

みごとに調和的な生命活動が営まれるように維持している。

 

それゆえ、私たちの内に宿る理性的な精神は、

生命をもつ健康なこの道具を、

私たちの人生における、より高邁な目的のために自由に使うことができるのである。

 

*********************

 

 

つまり、

 

健康な時には、生命エネルギーは、身体のあらゆる部分を調和的に統率し、

見事に生命活動が営まれている。

それはもちろん素晴らしいことである・・・

 

しかし!

健康は人生の目的ではない。

健康な心身は何のためにあるのか?

それは私たちがこの世に生を受けた根源的な目的、高邁なる目的、

それを実現するために存在している。

 

のです。

 

 

確かに健康は大切なことではあるけれど、健康は人生の目的たりえない。

私たちがこの生を受けた本来の目的を果たすため、実現するために自由自在に使うためにある。

 

私はホメオパシーセッションを通して、

その方がその方らしく輝いて生きていかれる姿をたくさん見させてもらい、いつも感動しています。

 

次回は、この第九章の中で最も重要な言葉について書いていきたいと思います。

 

f:id:masashinra314:20190813230457j:plain

 

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

永松昌泰 講座のお知らせ

 

【教養講座】「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」

by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

 

■日程:

【2019年】8/31(土)、9/23(月・祝)、10/19(土)、11/23(土・祝)、12/21(土)

【2020年】1/25(土)、2/24(月・祝)、3/28(土)

各回:14時~18時

 

■会場:淀橋教会 (JR「大久保駅」より徒歩1分、JR「新大久保駅」より徒歩3分)※会場は変更することもございますので、お問い合わせください。

 

■受講料:各回¥5000税込み

※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

 

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com

まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/

「ガンとホメオパシー」

こんにちは

永松昌泰です。

 

昨日はハーネマンアカデミー2019年ホメオパシー連続講座-Voice-オンライン講座でした。

 

今回のテーマは「ガンとホメオパシー

 

今や日本人の2人に1人ががんにかかると言われています。

いつもに増して多くの方々にご参加いただきました。

 

f:id:masashinra314:20190822011540j:plain

 

私はホメオパシーセッションで、ガンの方を1200人以上診ています。英国のDavid Mundy先生によると、「三分診療」の医師はともかく、非医師でガンのクライアントをその人数診ているホメオパスは、まずいないと思う、と言われていました。

ホメオパシーセッションでは、クライアントを1~2時間かけてゆっくりとお話をお聴きします。病気の様々な症状についてももちろんお話を聴きますが、その背景となる人生の物語をじっくりお聴きします。そしてレメディーを含めて人生のクオリティーを上げていく手助けをしていくのです。

もちろん、ガンが消えたり進行が止まったりの「奇跡的な治癒」も多く起こりましたし、それは嬉しいことですが、単にガンを治す、治せないではなく、人生のクオリティーを上げて真に幸せになることこそ本当の目的です。いわゆる「奇跡的治癒」は目的ではなく、その結果の一つに過ぎません。

 

現在の病院でのがん治療を見ると、本当に複雑な思いです。懸命に頑張って、同じがんの方に勇気を与えたいと考える人、がんになってもっと幸せになった・・・こんなに健気に頑張っている人々を見ると、本当に胸が詰まる思いです。

 

しかし、また同時にものすごい怒りも湧いてきます。

医療という名のもとに、医療の「常識」として、

「堂々と」無意味で苦しみを与え続けることが多い今の非科学的な「標準的がん治療」。

 

抗がん剤は、日本人のがんの10%にしか有効ではないのに、

結果的に製薬会社のシモベのように、抗がん剤という名前の毒を注入し続ける医師。

 

あれほどの苦しみを「生きるためには仕方がない」

という思いで何とか克服している素晴らしい患者たち。

 

「毒ガス」から始まった抗がん剤をやり続け、

10%しか効かない科学的現実を無視して、

無意味で苦しみだけ与えるので欧米では固く禁止されている手術後の「念のため」の抗がん剤の投与。

 

あれだけの苦しみに報いる結果があれば、まだしも、その多くはそうではないのです。

結果的に苦しみ悶え亡くなっていく方がいかに多いことか・・・

 

患者さんの苦しみと、生きる力に感銘を受けると共に、

こんな「医療の常識」という名の「非常識」に

本当に怒りと憤怒を改めて感じました。

 

もちろん医療現場では、この状況はおかしい、と強く思っている医師たちはたくさんいます。

もし、「自分が自分の専門分野のガンになったらどうするか?」

という質問に対する回答では(無記名)、

ほとんどの医師たちは、現在自分がやっている治療、

手術、抗がん剤放射線などの治療は絶対しない、

という回答が非常に多いのです。

だけど、それが標準治療だとされているから、そうでない選択を患者さんにすると、

医療訴訟を起こされる可能性が非常に高いから

もうそのままやっている、という本音の方が多いのです。

本当にやるせない気持ちです。

 

100年後に今の医療を振り返ったら、

信じられない野蛮な治療と思われることは必定です。

 

しかし、人間の常識に基づいた、普遍的な医療は、

現代医学や科学的見地からも始まっています。

 

f:id:masashinra314:20190813232211j:plain

 

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

永松昌泰 講座のお知らせ

 

【教養講座】「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」

by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

 

■日程:

【2019年】8/31(土)、9/23(月・祝)、10/19(土)、11/23(土・祝)、12/21(土)

【2020年】1/25(土)、2/24(月・祝)、3/28(土)

各回:14時~18時

 

■会場:淀橋教会 (JR「大久保駅」より徒歩1分、JR「新大久保駅」より徒歩3分)※会場は変更することもございますので、お問い合わせください。

 

■受講料:各回¥5000税込み

※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

 

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com

まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/

 

常識とはなにか

こんにちは。永松昌泰です。

 

常識とは何か?

小林秀雄にとって常識とは、「常なるもの」。
つまりどの時代であろうとも、どのような状況であろうとも、どのような地域であろうとも通用する普遍的な真実。 それが常識です。

 

f:id:masashinra314:20190818054242j:plain

 
通俗的ないわゆる「常識」は常識ではありません。実際には状況によってころころ変わるような「常識なるもの」は、むしろ「非常識」とも言えましょう。
小林秀雄はそれを、「俗説」と呼びました。

確かに言い得て妙、その通りだと思います。

一昔前までは受験の国語で出題される「王道」だった小林秀雄ですが、最近はほとんど出題されないそうです。
もちろん文学にも「流行り廃れ」がありますから仕方がないところもありますが、大いに憂いてもいます。

小林秀雄だけが持ち得ていると言って過言ではないほどの高い思考力、批判力(批判力とはもちろん他人の悪口を言う力ではなく、思考力の緻密さのことです)、その高い基準が失われていくことを。

私は小林秀雄の恩恵をものすごく受けています。
おこがましいようですが、小林秀雄という巨大な光と「一心同体」のようにさえ感じている時もありました。

そういう感覚を持ったのは、
森有正小林秀雄ハイゼンベルク、そしてヘッセの「シッダルダ」などでしょうか・・・

今まで500回以上読んだ本は幾つかあります。
ヘッセの「シッダルダ」とハイゼンベルクの「部分と全体」です。若き頃ではありますが、本当に毎日毎日むさぼるように、ちょっとした時間があればページを開く毎日。三度の食事以上に読んでいました。

森有正は、ある期間、彼の全集をずっと「入り浸る」ように読んでいたので、「私が森有正か、森有正が私か、分からなくなる」、というほど浸りきっていました。

回数こそ500回どころではなく、おそらく全集全体を平均して10~20回程度に過ぎませんが、トータルの時間は一番長かったかもしれません。なんといっても20巻近い全集ですから。


小林秀雄を精読したのは、私がパリに留学中、あるパリ大学の大学院の生徒からの依頼がきっかけでした。小林秀雄の「当麻」「徒然草」「無常ということ」を論文のテーマとして出題されたのだけど、さっぱり分からないので教えてほしい、と言われたのです。

それまであまり読んだことは無かったのですが、書店でちょっと寸読したところ、特に難解な文章ではなかったように見えたので、気楽に引き受けました。

しかし、読み始めても何回読んでもちっとも頭に入りません。10回読んでも頭に入らないので、非常に焦りました。それぞれ文庫本でたった4ページ程度なので、何てことない、と思ったのが大間違い。全く歯が立ちません。
お断りしようかとも思ったのですが、一旦引き受けてしまった以上、そういうわけにもいきません。(とても可愛くてチャーミングな子だったから、という説もあります^_^)

仕方なく気を取り直して再読すること30回くらいを過ぎてからようやく「氷」が融けだし、50回再読するころには一言一句が体中に染み渡るように入ってきました。そして、その一つ一つが本当に素晴らしいインパクトを持っているものばかりでした。
小林秀雄の文章に最初全く歯が立たなかったのは、彼のような思考の緻密さを持っていなかったからでした。
それ以降、小林秀雄は初めて読む文章でもすぐに同じように入ってきますし、誰の本を読んでも歯が立たないことはなくなり、自分事のように理解できる本が増えました。
私の思考力も小林秀雄と共に旅をしたおかげで、劇的にアップしたのだと思います。

本当に特別で強烈な読書経験でした。

思い出せば、今挙げたどの本にも特別な思いがあります。

このブログでは、「その本を読む以前とは同じように生きていくことができなくなった」という読書経験、つまり私の人生を、「その読書以前、以後」と大きく二つに分ける分水嶺になった大きな学びについて、また書いていきたいと思います。

 

f:id:masashinra314:20190817092329j:plain

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

永松昌泰 講座のお知らせ

 

【教養講座】「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」

by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

 

■日程:

【2019年】8/31(土)、9/23(月・祝)、10/19(土)、11/23(土・祝)、12/21(土)

【2020年】1/25(土)、2/24(月・祝)、3/28(土)

各回:14時~18時

 

■会場:淀橋教会 (JR「大久保駅」より徒歩1分、JR「新大久保駅」より徒歩3分)※会場は変更することもございますので、お問い合わせください。

 

■受講料:各回¥5000税込み

※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

 

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com

まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/

 

 

 

 

本当に学ぶとは、学んだ後は、今までと同じようには生きていけなくなることだ

こんにちは

永松昌泰です。

 

先日、東京にてハーネマンアカデミー(ホメオパシーの専門スクール)の卒業生・在校生を対象に、夏合宿を行いました。

 

夏合宿は2016年から始まり今回で4回目ですが、今年はひときわ感慨深く、ある意味「記念碑的」な合宿となりました。今回の中心的テーマは、第一回目のブログに書かせて頂いた「存在のゼロポイント」でした。私自身の歩みともいえるテーマなのですが、本当に濃厚で感動的な三日間でした。

これからは、生徒卒業生だけでなく、このブログでもお知らせしますので、誰でも参加できるものになります。また年に1回ではなく、3~4回くらいやりたいと思っていますので、皆さんとお会いできる機会も増えると思います。楽しみにしています。

 

f:id:masashinra314:20190813232211j:plain

 

閑話休題。 今日は、学ぶとは何か、考えてみたいと思います。

 

学ぶにもいろいろあります。受験科目として覚えなければならないから学ぶ。仕事に必要だから学ぶ・・・そうですね。それも学ぶことです。

またニュースやドキュメンタリーや小説などからそれまで知らなかったことを学ぶ。音楽や芸術から大きなインスピレーションを受けて学ぶ。自分自身の苦い経験から学ぶ。それもまた学ぶことです。

 

ある時私ははっと気が付いたのです。

確かに学ぶにもいろいろあるけれど、

「本当に学ぶとは、学んだ後は、今までと同じようには生きていけなくなることだ」と。

 

学ぶとは、今まで自分が真実だと思い込んでいた「夢」から覚めることであり、妄想、虚構、夢想に過ぎなかった事を知ることでもあります。

 

「真実だと思い込んでいた夢」・・・・・・意味深長で、いろいろなことが含まれますが、その中にはいわゆる「常識」と呼ばれていることも含まれるでしょう。

 

この「常識」という言葉は、使う人によって千差万別の意味に変わります。

 

曰く、「社会の多くの人が共通的に有している価値観、知識、判断力、共通感覚。」

これが、一般的に使われている意味での「常識」だろうと思います。

 

日本最高の評論家の一人、小林秀雄は、そういう一般的な定義の「常識」に対して、真っ向から異を唱えました。

 

常識とは何か?

 

 

少し長くなりましたね。
この続きは、また明日書くことにいたします。

 

 

f:id:masashinra314:20190817092329j:plain

 

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

永松昌泰 講座のお知らせ

 

【教養講座】「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」

by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

 

■日程:

【2019年】8/31(土)、9/23(月・祝)、10/19(土)、11/23(土・祝)、12/21(土)

【2020年】1/25(土)、2/24(月・祝)、3/28(土)

各回:14時~18時

 

■会場:淀橋教会 (JR「大久保駅」より徒歩1分、JR「新大久保駅」より徒歩3分)※会場は変更することもございますので、お問い合わせください。

 

■受講料:各回¥5000税込み

※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

 

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com

まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/

 

 

 

 

 

「存在のゼロポイント」

こんにちは

永松昌泰です。

 

皆さんは「存在のゼロポイント」って聞いたことありますか?

 

井筒俊彦さんという、世界に誇るべき素晴らしい碩学の造語です。古代語を含めて30ヶ国語以上を自在に使いこなし、近代西洋語は余りにも易し過ぎて物足りない!と言われ、日本人でありながらイラン王立研究所教授を務め、西洋ではつとに高名な方です。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/井筒俊彦

 

この言葉を最初に井筒さんの著書「イスラーム哲学の原像」で読んだ時、ピンと来るものがありました。私自身が探求してきたこととそのまま繋がったからです。

 

f:id:masashinra314:20190813230457j:plain

 

全ての存在の深奥に分け入っていくと、意識、エネルギー、生命力、ありとあらゆる存在のゼロポイントでは、全ての区別や境界がもはや無くなり、

全てが一元的に繋がり融合します。

そこでは理性と感覚、左脳と右脳の区別もありません。

 

存在のゼロポイントでは、動物、植物、鉱物の区別も次第に無くなり、

表面的な違いを超えた「普遍的、初源的な動き」を

次第に明確に感覚することができるようになります。

 

例えば愛しみ慈しまれ大切にされると嬉しく、

邪険にされたり無視されたりすると悲しみや憎しみが生まれる。

 

動物や植物が全く同じであることは、子育てを始めとして多くの例で分かりますが、

鉱物金属でさえも同じです。

優しく扱うといつまでも輝きを放ちますが、

手荒に扱うと傷が入り腐食し割れる。同じです。

 

ものごとすべて、「存在のゼロポイント」の地点にまで遡って

根源的に理解する、ということ。

そうなると、他人のことでもすべて「自分事」として切実に感じるようになります。

 

物事の理解力、洞察力、予見力が今までとは比較にならないほど上がります。

目の前の出来事の理解力も全く別次元になってきます。

出来事のイメージや理解も、表面からえた情報の寄せ集めに留まることなく、

根源からの流れが全体的把握として感覚的に理解できるようになり、

他人の心の微細な動きまで全てを「自分事」として感じられるようになります。

 

そこから必然的に「裁かない暖かい眼差し」が生じ、

一人一人の個別性をこの上なく慈しみながら大きな調和をしていく

素晴らしい世界になっていく過程に、

一人一人が貢献していくことになります。

 

言うまでもなく、「普遍」とは、個々の個別性を無視して「画一化」することではなく、

個別性の一つ一つを限りなく慈しみ大切にしていく過程の中で、

次第に練りあげられていくものです。

 

この「存在のゼロポイントの感覚」は、単なる「学問」ではありません。

勉強すれば自動的に到達できるようなものではありません。

勉強は役には立ちますが、最終的には自分自身が生きている人生において実存的につかんでいくしかありません。

 

しかし独りだけで出来るようなものでもありません。

 

One for all, all for one. 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」

 

その第一歩を一緒に歩んでみませんか?

 

f:id:masashinra314:20190813232351j:plain

 

このブログでは、私自身の一生のテーマ、そして宇宙の全存在の起点であり終点である「存在のゼロポイント」に向かう旅日記として自由に書こうと思います。具体的内容としては、音楽や文学、芸術はもちろん、科学、政治、経済など、ありとあらゆる問題をその時々に「自分事」として記していきたいと思います。

私自身の旅でもあると同時に、あなた自身の旅の随伴者にもなれたら望外の喜びです。

 

・・・・・・・

 

永松昌泰 講座のお知らせ

 

【教養講座】「知を覚醒し、心の絶対音感を養う」

by 永松昌泰 & 輪嶋東太郎(ナビゲーター)

 

■日程:

【2019年】8/31(土)、9/23(月・祝)、10/19(土)、11/23(土・祝)、12/21(土)

【2020年】1/25(土)、2/24(月・祝)、3/28(土)

各回:14時~18時

 

■会場:淀橋教会 (JR「大久保駅」より徒歩1分、JR「新大久保駅」より徒歩3分)※会場は変更することもございますので、お問い合わせください。

 

■受講料:各回¥5000税込み

※初参加のみ3,000円とさせて頂きます。当日受付にてご精算させていただきます。

 

■主催・お申込み

●お電話  ヴォイス・ファクトリイ  TEL:03-3230-7770 (月~金 9:00~18:00)

●メール info@voice-factory.com

まで下記を記載の上お申し込みください。

メールタイトル:教養講座/メール内容:①お名前 ②ご住所 ③お電話番号 ④ご希望日時・人数

※一週間以内に返信がない場合は、大変お手数ですが、ヴォイス・ファクトリイ(TEL:03-3230-7770)までご連絡ください。

■主催 ヴォイス・ファクトリイ株式会社

www.voicefactory.jp/

 

 

【永松昌泰 ハーネマンアカデミー名誉学長 2019年ホメオパシー連続講座-Voice-】※オンライン講座

 

■日程とタイトル

2019年

05月27日(月) 胎児・乳幼児とホメオパシー

06月25日(火) 学習障害ホメオパシー

07月16日(火) 思春期とホメオパシー

08月20日(火) 癌とホメオパシー

09月24日(火) 睡眠時の「夢」とホメオパシー

10月29日(火) スポーツとホメオパシー

11月19日(火) 統合失調症ホメオパシー

12月24日(火) 壮年期とホメオパシー

2020年

01月28日(火) 老年期とホメオパシー

02月25日(火) 死生観とホメオパシー

03月17日(火) ホメオパシー的人間関係の考察

 

■オンライン配信時間

各回10:00~11:30

後日視聴も可能です

 

■受講料

単発受講 3500円

全11回受講 33000円

 

■主催・お申込み

グローバル・ウイングス

https://hahnemann-academy.com/永松昌泰名誉学長%E3%80%802019年ホメオパシー連続講座/